道路
安全への取り組み

​運送事業にとって、安全は最重要課題であります。
事故なく業務を遂行することが、会社の信頼に資するだけではなく、環境活動に貢献し、従業員やその家族の幸福並びに、取引先などお客様の信頼や満足につながると考えます。そのために私たちは次のような取り組みをしています。

運輸安全マネージメント

「安全確保が運送事業の基本であり、最重要課題である事を認識し、全社員が同じ認識のもと、徹底に努めます」という基本方針を掲げ、安全管理体制を構築し、PDCAサイクルにより継続的に改善し、安全性の向上を図っています。

運輸安全マネージメント

運転者適性診断

運転者適性診断は、自動車の運転に関する長所、短所といった「運転のクセ」を様々な測定により見い出し、それぞれのクセに応じたアドバイスの提供を受け、交通事故防止に活用するものです。

当社は適性診断を実施し、安全運転の指導を行っています。

運転者適性診断

運行情報システムによる運行管理

当社全車両に運行情報システムを装備し、1運行ごとのデータを日報として出力しています。
この日報には運行実績のデータと共に省エネ安全運転に対する評価点が表示され、ドライバー自身が内容を確認したうえで、運行管理者に提出します。
良い評価点をとることが業務の励みになり、安全意識の向上や省エネなど環境への配慮に役立っています。

運行管理

日常点検

安全運行には車両のメンテナンスが欠かせません。
乗務前にはドライバー自身が始業点検をし、終業時には洗車をして、常に車両に気を配っています。又、車検や定期点検、修理の対応をはじめ、日常のメンテナンスにも目を光らせています。

日常点検